診療内容treatment

  1. TOP
  2. 診療内容
  3. 内視鏡内科・胃腸内科

内視鏡内科・胃腸内科

胃腸(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、直腸)に関係する疾患の診断や治療を行います。
逆流性食道炎や胃潰瘍、胃ポリープ、大腸ポリープ、クローン病、潰瘍性大腸炎などが対象となります。なんとなくおなかの調子が悪い、便秘、下痢、血便の症状がある場合なども胃腸内科で診療します。
また、内視鏡内科では内視鏡専門医による苦痛の少ない上部内視鏡検査(胃内視鏡検査)、下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)、ポリペクトミー(内視鏡的ポリープ切除術)を提供します。
定期的な内視鏡検査により胃がんや大腸がんなどの早期発見・早期治療に努め、患者様の胃腸の健康を守ります。

特徴

内視鏡検査

上部内視鏡検査(胃内視鏡検査)、下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)、ポリペクトミー(内視鏡的ポリープ切除術)を行っております。
内視鏡検査は検査しているその場で見た目から異常の有無を判断し、診断する力が重要です。胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査の豊富な実績を持つ院長の熟練した内視鏡技術と丁寧な内視鏡操作で責任を持って検査を行います。
また、患者様のご要望や体調に応じて適切な麻酔・鎮静剤を使用いたします。ほとんどの患者様は眠っている間、もしくはボーっとしている間に検査を受けることができます。検査終了後は麻酔が覚めるまでベッドで休んで頂きます。

内視鏡検査

レントゲン検査

食道、胃、十二指腸、大腸(直腸・結腸)の病変を撮影する検査もおこないます。痛みはありません。レントゲン検査で異常がみられれば、精密検査(内視鏡検)を行い、必要により生検して診断します。

病気・症状

食道

  • 逆流性食道炎
  • 食道ポリープ
  • 食道がん など

  • 胃炎(急性、慢性)
  • 胃ポリープ
  • 胃潰瘍
  • 胃がん など

十二指腸

  • 十二指腸潰瘍
  • 十二指腸がん など

小腸

  • 急性胃腸炎
  • 腸閉塞 など

大腸・直腸

  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • クローン病
  • 潰瘍性大腸炎 など

症状

  • 胸痛
  • 胃もたれ・胸やけ
  • 吐き気をもよおす
  • 貧血
  • 体重減少
  • 下痢・便秘・血便 など