診療内容treatment

  1. TOP
  2. 診療内容
  3. 消化器内科

消化器内科

主に消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、直腸)、肝臓、胆嚢、膵臓などに関係する疾患の診断や治療を行います。腹痛、吐血、下血、だるさ、食欲不振、体重減少、黄疸などの症状の方はもちろんのこと、はっきりとした自覚症状は無いものの何となく体調が悪いと感じているような方も、消化器系の病気の可能性があります。
また、日本人のがんの約60%は消化器のがんであり、早期であれば外科的手術を必要とせずに、内視鏡などによる治療で治療が可能なことが少なくありません。日本消化器病学会専門医による最新の治療をご提案いたします。

特徴

ヘリコバクターピロリ感染症

ヘリコバクターピロリ菌とは胃の粘膜に生息している菌で、感染すると胃に炎症を起こします。また胃癌、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの主な原因とされています。当クリニックでは胃癌・胃潰瘍・十二指腸潰瘍予防のために、当ピロリ菌の検査・除菌治療を積極的におこなっています。

超音波(エコー)検査

超音波は人間の耳には聞こえない高い周波数の音波で、これを利用して腹部に超音波を発信し、そこから返ってくるエコー(反射波)を受信し、コンピュータ処理で画像化して診断するのが腹部超音波検査(腹部エコー)です。肝臓、胆のう、膵臓、脾臓、腎臓など腹部の検査・診断を行います。
胆石、早期肝臓がんなどの病気はほとんどが無症状であり、偶然検診などで指摘される場合が多く、胆石があっても腹痛や黄疸などの症状が出なければ問題ないのですが、胆のうがんを合併する場合もあり経過観察が必要です。

病気・症状

食道

  • 食道胃逆流症
  • 逆流性食道炎
  • 食道がん
  • 食道静脈瘤 など

  • 胃炎(急性、慢性)
  • 急性胃粘膜病変
  • 機能性胃腸症
  • 胃潰瘍
  • 胃がん など

十二指腸

  • 十二指腸潰瘍 など

小腸

  • 急性胃腸炎
  • 腸閉塞 など

大腸

  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 過敏性腸症候群
  • 虚血性腸炎
  • 潰瘍性大腸炎 など

肝臓

  • C型慢性肝炎
  • B型慢性肝炎
  • アルコール性肝障害
  • 非アルコール性脂肪性肝炎
  • 自己免疫性肝炎
  • 肝臓がん など

胆道

  • 胆石症
  • 総胆管結石症
  • 胆のう炎
  • 胆管炎
  • 胆のうポリープ
  • 胆のうがん
  • 胆管がん など

膵臓

  • 急性膵炎
  • 慢性膵炎
  • 膵がん など

症状

  • 胸やけ
  • 胸痛
  • 胸のつかえ感
  • 吐血・下血
  • だるさ
  • 胃もたれ
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 発熱
  • 腹痛
  • 下痢・便秘・血便
  • 貧血
  • 黄疸 など