内視鏡検査endoscopy

  1. TOP
  2. 検査・健診
  3. 内視鏡検査

内視鏡検査

当院の胃カメラ 大腸内視鏡検査の特徴

内視鏡検査、手術はすべて内視鏡専門医が行います。
当院の内視鏡検査、手術は日本消化器内視鏡学会専門医、指導医、日本大腸肛門病学会専門医、指導医が行います。大腸内視鏡件数も10000件程度経験しており、ポリープ切除術、粘膜切除術も1000例程度、当院では施行していませんが内視鏡的粘膜下層剥離術も800例程度経験しており精度が高く、苦痛の少ない内視鏡検査治療を行います。
鎮静剤、鎮痛薬を用いて、またCO2ガス使用、パターン化した大腸内視鏡挿入法により苦痛の少ない内視鏡検査を行います。
当院の大腸内視鏡検査では苦痛を少なくする工夫を行っております。
第一に鎮静剤、鎮痛薬を使います。個人差がありますがこれにより検査に対する痛み、苦痛が和らぎます。
第二に炭酸ガス送気を行います。炭酸ガスは腹腔鏡の手術では普通に使用されております。
主に大腸内視鏡は送気を行い検査、観察をするのですが、これの空気により検査中、検査後の腹部膨満感、吐き気等が出現することがあります。
普通の大気中の空気より約100倍吸収が早く、検査中、検査後に出現する腹部膨満感、吐き気を軽減します。
第三にオリンパス社製の最新のスコープを使用します。
以前のものだとスコープの関節が1個しかなかったものが最新のスコープでは受動湾曲機能がついております。これによりスコープを押すことによりステッキ現象という状態が起こり、これにより腸管が押されて痛みが起こるのですが、受動湾曲によりステッキ現象を防ぐことができ疼痛を少なくします。
第四に先端フードを使用いたします。
これにつきましてはいろんな意見がありますが先端フードを装着して検査することにより大腸のひだの裏の観察を容易とし、病変の見あとなるので送気が少なくなるメリットもあります。
第五に苦痛の少ない大腸内視鏡挿入法を行います。
さまざまな挿入法がありますが当院では軸保持短縮法と体位変換をあわせた挿入法を行っております。体位変換とはまずは左側臥位で肛門よりスコープを挿入するのですが、S状結腸に到達した時点で体位を仰臥位にいたします。仰臥位になることによって重力でS状結腸の屈曲をなくし、挿入を容易にし、屈曲部を通過するときに出現する疼痛を軽減いたします。
拡大観察、特殊光(NBI)観察機能が可能な内視鏡を使用するため、精度の高い大腸内視鏡検査、胃カメラを行います。
通常大腸内視鏡の深部大腸への挿入時間は約2分~5分で、深部まで挿入して、引いてくるときに観察を行っております。海外の論文では観察が6分未満と6分以上でADR(adenoma detection rate)に差があり6分未満だと病変見逃しが有意に多いと報告されております。
当クリニックでも観察時間は6分以上かけて行い、1件当たりの検査時間はおおよそ8~10分となっております。
またスコープには拡大機能、特殊光NBI観察の機能が搭載されており、病変に対して詳細な観察が可能で腫瘍、炎症等の質的診断と腫瘍(癌)であれば深達度診断にて癌の進行度の診断が可能でそれにより内視鏡的治療あるいは外科的治療等の適応を判断し治療可能な連携医療機関を紹介いたします。
胃カメラも拡大機能、特殊光NBI観察機能が搭載されており詳細な質的診断、範囲診断、深達度診断が可能です。
大腸内視鏡検査時にポリープがあった場合にはその場で切除いたします。
大腸ポリープはその場で切除いたします。
比較的小さいポリープの場合にはcold snare polypectomyを行います。
これはポリープをスネアにて絞扼したあと通電せずにそのまま切除する方法です。
また少し大きなポリープや血管が含まれているポリープに対しては局注をしてからスネアリング、通電して切除を行う内視鏡的粘膜切除術(Endoscopic Mucosal resection EMR)を行っております。切除部位の創部が大きい場合、または後出血のリスクがある場合は創部に対してクリッピングを追加いたします。クリップはおおよそ1週間で便とともに排泄されます。
(例外としてポリープの大きさ、形態によっては入院での治療が必要になることがあるのでそのさいは治療可能な連携医療機関を紹介させていただきます。)
土日検査も可能
当院では土日での大腸内視鏡検査、大腸ポリープ切除が可能です
胃カメラは経鼻内視鏡、鎮静剤を使用した経口での内視鏡を選択できます。
胃カメラは喉を通過する際に嘔吐反射がおきるために苦痛が出現することがあります。
苦痛を軽減するために経鼻内視鏡と鎮静による経口内視鏡を施行しております。
経鼻内視鏡は鼻麻酔、咽頭麻酔のみで行っております。
スコープが細いため咽頭通過の際の反射を少なくします。
また鎮静剤を使用しないため検査後の自動車、自転車の運転も可能です。
経口内視鏡のほうは鎮静剤を使用して行います。これにより咽頭反射を少なくし、苦痛の少ない検査が可能となります。また経鼻内視鏡のスコープより画質が優れるためより詳細な観察が可能となります。
胃カメラは当日受診での検査、ネット予約での検査が可能
当日朝食事を摂取摂取してこなければ診察の後、胃カメラが可能となります。
また午後でも食事から6時間空いた場合、食事がゼリー、豆腐等、半固形物であった場合に限り当日胃カメラが可能です。
また緊急の腹痛時の際は状況をみて当日胃カメラを行っております。
特に当院では築地が近いという土地柄、胃アニサキス症の方が多いため、しめさば、かつお、いか、サーモン等摂取後の上腹部痛は状況によって緊急での胃カメラを施行して、アニサキスを除去します。

当院での内視鏡の流れ

大腸内視鏡の場合

  1. 診察

    大腸内視鏡の場合は下剤による前処置が必要になるので当日検査は行っておりません。
    診察をしてから予約、前処置の説明となります。
    内視鏡前の感染症チェックの採血を行います。(HBs抗原、HCV抗体、梅毒)
  2. 検査前日

    特に指示がなければいつも通りお薬を飲んでいただいて構いません。
    食事は野菜等繊維質のものを避けていただき、21時までに済ませ、それ以降はお水とお茶以外、摂取しないようお願いします。また、21時頃に下剤(センノシド 2錠)を服用します。
  3. 検査当日

    1. 検査当日の検査4時間前から、大腸をきれいにする目的で下剤(ニフレック)2リットルほどを数回に分けて飲みます。(原則的には自宅にて飲んできていただきますが、高齢者、または遠方の患者さんにつきましては院内での下剤内服も行っております。)
      鎮静剤を使用するため車、自転車の運転は避けてください。
    2. 当院に来院し、腸管内がきれいになったことを確認してから、検査着に着替えます。
    3. 次に点滴の針を挿入します。
    4. 検査室に移動してベッドの上で左側臥位になります。
    5. 鎮痛薬、鎮静剤、鎮痙剤を点滴の側管より注射します。
    6. 肛門にゼリーを塗り、滑りをよくしたうえで検査を開始いたします。
      検査は10分~20分(ポリープ切除の有無で変わります)で終了します。
  4. 検査終了後

    鎮静剤を覚ます拮抗薬を投与したのちにリカバリーベッドに移動し、30分~1時間休んでいただきます。
  5. 結果説明

    休憩が終了後診察にて当日の結果を説明いたします。
    検査所見、画像もその場でお渡しいたします。
    (ポリープ切除、生検施行した際には検査結果が1週間程度かかるため再度1週間後に検査結果を説明いたします。)
  6. 帰宅後

    • 飲食は1時間後から可能です。
    • 当日の飲酒や運動は控えるようお願いします。
    • ポリープ切除をした場合は、当日はゼリー、豆腐、プリン、翌日から腹痛、出血がなければ、消化の良いものから食事が摂れます。
    • ポリープ切除後1週間は飲酒、激しい運動、いきみなどは控えるようにお願いします。

胃カメラの場合

  1. 診察

    ネット予約、あるいは電話予約、前回診察時予約。または当日直接来院(食事をとっていない場合のみ)にて問診、胃カメラの説明を行います。
    (食事をされてきたかたは問診のみで胃カメラの予約を行います。)
  2. 検査前日

    夕食を21時までに済ませてください。
    その後水分、お茶等は摂取しても構いません。
  3. 検査当日

    1. 朝食を食べずに来院してください。
      (胃アニサキス症が疑われる方に関してはご相談ください。)
      (内服薬については基本的には内服可ですが診察時にご相談くたさい。)
    2. 来院されましたら経鼻内視鏡か経口内視鏡かを選択していただきます。
    3. 経鼻内視鏡は直径が5mm程度の太さで基本的には鎮静剤を使用せず行います。
      (当日の車、自転車の運転が可能です)。
    4. 経口内視鏡は直径が9mm程度の太さで経鼻内視鏡より嘔吐反射が起こり苦痛を感じることがあるため、基本的には鎮静剤を使用いたします。
      (当日の車、自転車の運転はできません。)
    5. 経口内視鏡のかたは点滴の針を挿入します。
      (経鼻内視鏡のかたは点滴は行いません。)
    6. 次に検査室に移動し胃の中の泡を取り除く薬を飲んでいただき、経鼻内視鏡のかたは鼻の奥に出血を抑えたり痛みを抑えるスプレーを噴霧します。
    7. 経鼻内視鏡と同じ太さのスティックにて鼻の通りを確認してスムーズに通るほうの鼻道にスティックを5分間留置して鼻の穴を広げます。
      (経口内視鏡のかたは咽頭麻酔後にマウスピースを口に含んでいただいたのちに鎮静剤を投与します)
      検査はおおよそ5分ぐらいで終わります。
  4. 検査終了後

    経口内視鏡で鎮静剤を使ったかたは、検査終了後リカバリーベッドにて30分~1時間休んでいただきます。
    経鼻内視鏡のかたはすぐに結果説明が可能です。
  5. 結果説明

    診察室にて当日の結果を説明します。
    (生検したかたは病理検査の結果が1週間後に出るため再度説明します。)
    内視鏡の所見用紙、画像をお渡しします。
  6. 帰宅後

    • 飲食は1時間後から可能です。
    • 生検をしたかたは2日間はアルコール、激しい運動を控えてください。

検査費用

大腸カメラ

1割負担 3割負担
大腸内視鏡検査 約2,500円 約7,500円
大腸内視鏡+病理検査 約3,000円 約9,000円
大腸ポリープ切除術 約8,000円 約20,000~30,000円

胃カメラ

1割負担 3割負担
胃内視鏡検査 約2,000円 約6,000円
胃内視鏡+病理検査 約3,000円 約9,000円
胃アニサキス除去
(内視鏡的異物除去術)
約5,000円 約15,000円